競争激化する現代の市場で、多くの企業が顧客を引きつけるため様々な手法を試しています。つまり、多くの企業が集客力を強化しています。そのため、集客を成功させるためには効果的な戦略と適切なアプローチが必要です。

当記事では、「集客とは?」といった基本知識をふまえた上で、更なる集客効果のコツなどをご紹介します。

この記事を読んでわかること

  • 集客とは、自社商品やサービスを引きつけるための活動。活動を経て、顧客に関心を持ってもらい購入に導き、満足度の高いサービス提供で売り上げ向上を図るのが目的。
  • 集客とマーケティングは異なるもの。マーケティング活動の一部が集客。
  • 集客と販促は異なるもの。販促とは、特典の提供などあくまで商品・サービスの利用を促進すること。
  • 集客成功の4つのポイントをご紹介!

そもそも集客とは?

集客とは、ビジネスやイベントなどの活動において、顧客や参加者を集めることを指します。つまり、自社商品やサービスを引きつけるための活動で、顧客に関心を持ってもらい購入に導き、満足度の高いサービス提供で売り上げ向上を目指します。そのためには、適切なアプローチとターゲットの絞り込みが重要です。

集客とマーケティングの違いって?

集客とマーケティングは密接に関連していますが異なる概念です。

マーケティングとは顧客ニーズを理解し、価格設定や販売など幅広いビジネス活動の計画を実施する組織的なアプローチです。具体的には、市場調査、製品開発、価格設定、販売戦略、広告、プロモーション、顧客サービスなどが含まれます。捉え方としてはマーケティング活動の一部が集客となります。

集客と販促の違いって?

集客と販促は同等のビジネス活動に属しますが、目的と手段が異なります。

販促とは、既存顧客やターゲット層に対して商品やサービスの利用を促進するための戦略です。具体的には、広告、割引、キャンペーン、クーポン、特典のプレゼント、セールスプロモーションなどが含まれます。また、主な目的は既存の顧客に対して購買を促し、商品やサービスを宣伝し、売上を増やすことです。そして、既存顧客との関係を深めた上で、より売り上げに繋げることを重視します。

顧客の段階

顧客になってもらうための段階(=マーケティングファネル)というものがあります。

●マーケティングファネル(顧客の段階)

上記のように「認知」「興味」「比較・検討」「行動」の4段階があります。そして、最終的に「認知」から「行動」の購入へ移すことが顧客の獲得となります。

そのためには第1段階の「認知」の獲得が必要であり、この過程においても集客が欠かせません。

集客方法の種類

それでは、集客方法はどんな手法があるのか事例をまとめてみました。

オンライン集客手法

まずはオンライン集客の16種類からご覧ください。

コーポレートサイト

  • 問い合わせ先など企業情報提示による信頼性向上
  • 自社サービスの詳細内容紹介および認知

サービスサイト

  • 口コミ掲載による評判の確保
  • 円滑なサポートの提供

ランディングページ(LP

  • 製品やサービスへの関心喚起と情報提供
  • キャンペーンなどの案内や参加申込み

オウンドメディア

  • ブランドの専門知識の確立
  • 顧客応援の維持

Twitter

  • ブランドの広報と認知度向上
  • リアルタイムな情報伝達

Facebook

  • ターゲット層とのコミュニケーション
  • ターゲティング広告と成果の追跡

Instagram

  • インフルエンサーなどによる新規顧客層の開拓
  • 商品展示の購入促進と成果の可視化

YouTube

  • ブランドロイヤリティの構築
  • 映像の効果的な共有と拡散

TikTok

  • クリエイティブな映像の実現
  • 若者層へのアクセスの増加

リスティング広告

  • 正確な広告表示とクリック率の向上
  • 効果的な広告費の削減が可能

ディスプレイ広告

  • ブランドの視認性向上
  • 独自性のある掲示と認識向上

SNS広告

  • ターゲット層への的確な広告表示
  • ブランドの認知度向上と拡散効果

SEO(検索エンジン最適化

  • キーワード選定での競争力強化
  • 長期的な集客効果とコスト効率の良さ

MEO(マップ検索エンジン最適化

  • 地図上での情報表示と利用者の利便性向上
  • 地域特化の競争力強化

メルマガ(メールマガジン

  • ユーザーの関心喚起の効果的な手段
  • セールや特典の限定告知

オンラインセミナー / 展示会

  • 地理的制約なく参加者への情報共有が可能
  • コスト効率の高いイベントの開催

オフラインの集客手法

次に、オフライン集客の11種類をまとめてみました。

DM(ダイレクトメール

  • 個別の顧客へダイレクトに情報提供
  • 割引の案内など顧客の反応促進

チラシ

  • セールの宣伝などの集客増加
  • 特定のターゲット層へのリーチ拡大

ポスティング

  • 地域の顧客への直接的な情報提供
  • 特別なサービスの告知で集客を促進

テレアポ(テレフォンアポインター

  • 声を通しての顧客接触と信頼関係の構築
  • セールスチームの効率向上

看板広告

  • ターゲットエリアでの広告露出と自社の認知度向上
  • 通行人の目に留まりやすい刷り込み効果

新聞 / 雑誌広告

  • ターゲット層への的確な需要喚起
  • 長期的な印象づけと信頼性の構築

テレビ広告

  • 大規模な視聴者層への広告展開
  • 強力な視覚的効果

タクシー広告

  • 地域ターゲットと地元のブランド認知度向上
  • 移動広告としての注目度の提供

電車 / バス広告

  • 高頻度の広告表示と視聴者に対するリーチ
  • 動線上の移動広告による効果的な伝達

セミナー / 展示会

  • 商品などの詳細な情報提供
  • 業界専門知識の共有と関係構築の機会提供

口コミ

  • 信頼性の向上と新規顧客の獲得
  • 顧客満足度の向上とリピート購買促進

集客の4つのポイント

それでは自社にはどんな集客が顧客のニーズに合うのかを考察しましょう。次に、集客のコツとして4つのポイントでご紹介します。

目標の設定    

まずは集客目標を具体的かつ明確に設定します。例えばwebサイトの訪問者数を増やす、特定の商品の増収増益など、明確な数値や指標を持つ目標にしましょう。また、目標期間の設定も重要です。

そして目標達成のためにはどうアピールをするか、予算設定など必要な施策を挙げていきます。

ターゲットの設定

次に、自社に興味を持ってもらえる顧客はどのような人物かを考察します。そして、できるだけ具体的な顧客の属性(年齢、性別、職種、家族構成など)を固めます。

さらに、イメージした顧客からニーズや購入にいたるまでの行動などを包括的に把握しましょう。その結果、その顧客に合わせた効果的なコンテンツも絞り込みやすくなります。

ターゲットにあった媒体を選定

さらに、顧客の属性に応じた媒体を利用し、効率的な集客を目指しましょう。また、魅力的なコンテンツを媒体ごとに展開することも大切です。ターゲット設定は集客の基盤であるため、ニーズに合わせた戦略は高い集客効果が期待できます。

PDCAサイクルを回す

まず、PDCAサイクルとは。Plan(計画を立てる)、Do(計画を実行)、Check(結果を確認)、Act(改善策の実行)のビジネス用語で、問題解決のための変更や改善を行うためのサイクルです。これにより、集客データを元に施策を見直しつつ市場環境に適応させます。そして、集客効果最大化とコスト削減に繋がるため持続的な市場競争力の向上をもたらします。

まとめ

最後に本記事でも紹介したとおり集客方法は多様です。そして、組み合わせ次第で自社の魅力を最大限に伝えることが可能です。例えば、オフラインのツールを活用してオンラインで効果測定を行うなど。オンラインの集客手法とオフラインの集客手法のミッスクも効果的です。このように、クロスメディアで集客を行うことも可能です。

ご紹介したように、認知してもらい顧客になるまでは試行錯誤と地道な改善が必要となります。しかし、この過程が売り上げに大きく左右される重要な施策です。どの施策が効果的なのかを考える際に、是非参考にしてみてください。